【飯島真理】80年代傑作アルバム7選をおすすめ!「マクロス」の「リン・ミンメイ」だけではない彼女をめぐるビッグアーティストたちの数々!




飯島真理さんといえば、アニメファンの間では「超時空要塞マクロス」のヒロイン「リン・ミンメイ」の声優およびその中で歌われる楽曲が一番有名ですよね。
 
もちろん私もマクロスは大好きです。
作中歌も本当に最高です。個人的アニメ史上ベスト3に入れるぐらい好きな作品です!!!
 
しかし!ちょっと待って下さい。
 
それだけでは彼女の魅力は半分しか知らないことになります。
 
マクロスのことを知らない方もいるとおもうので、マクロスのことも紹介しつつ、
今回は飯島真理さんのマクロス以外の部分、特に80年代を彩った傑作アルバムの数々について紹介したいとおもいます。
 
彩った(いろどった)というのは比喩ではなく、アルバムのタイトルヒントが隠されています。
 
これは、最後に説明しますね。

飯島真理 伝説 幼少〜学生編

飯島真理さんは、1963年生まれ。3歳の頃からピアノを弾き始め、小学生の頃には作曲をしていたという秀才です。高校を卒業後「国立音楽大学音 楽学部ピアノ科」に入学します。「こくりつ」ではありませんよ。「クニタチ」です。
 
東京の立川市にあるのですが、元々国立にあったことからこの名がついています。ややこしいですね。ちなみに私立大学です(笑)
 
とうことで幼少の頃から音楽の才能はとてもあったんですね。そして大学在学中に送ったデモテープがきっかけでビクターと契約します。すごい!!!
 

飯島真理 テレビ版『超時空要塞マクロス』 伝説

 
そして、ちょうど新しいアニメ、それも歌手のキャラクターのオーデションがあることを知らされ、とりあえず応募すると見事合格。彼女自身はアニメのことをほとんど知らなかったそうです。
 
歌手としてデビューする前にテレビアニメ『超時空要塞マクロス』リン・ミンメイ役声優デビューします。ここがその後の彼女の運命を分けたといってもいいでしょう。
 
リン・ミンメイはアイドル歌手なので彼女本人が作品中で「私の彼はパイロット」「愛は流れる」も歌い、さらにミンメイ振り付けも考案しています。本当にマルチな才能のある人です。
 
リン・ミンメイ=飯島真理という強烈なイメージが、最初から作り上がってしまいました。
 

飯島真理 スプーンおばさん 伝説

1983年にNHKで一本のアニメが放送開始になりました。「スプーンおばさん」です。
 
月曜日〜金曜日の17:50〜18:00の10分番組で、約1年間放送されました。私は当時9歳でした。
 
このオープニングとエンディングの歌「夢色のスプーン」「りんごの森の子猫たち」が本当にもう子供の頃大好きで大好きで、どんな人が作って、どんな人が歌っているのかを一瞬映るクレジットを何度も見てノートに書きつけてなんとか覚えました。
 

作詞・松本隆 作曲・筒美京平 歌・飯島真理

この曲はアニメ主題歌としてシングルレコードが発売されているので、実質上は飯島真理さんのデビュー曲となります。

しかし本人は歌入れのときに、レコードになることを知らされていなかったようで、複雑な気持ちだということを後に語っています。

なんだか「大人の事情」的な裏話でつらい気分になりますが、この2曲は本当に楽曲、歌唱ともに素晴らしく超名曲です!

とくにエンディングの「りんごの森の子猫たち」は筒美京平のオールドアメリカン調の曲に、スプーンおばさんの人となりがわかる松本隆の優しい歌詞、それらすべて表現した弱冠20歳の飯島真理さんには本当に驚愕します。何度聞いてもジーンと胸が暖かくなります。

飯島真理さん本人に才能があるのはもちろんなのですが、とにかくデビューから彼女に関わる人々がすごい方ばかりなんです!

飯島真理 ファーストアルバム 『Rosé』伝説 坂本龍一

1983年9月リリース。全曲作詞作曲・飯島真理。

そしてプロデュース・アレンジは今や世界のサカモト、坂本龍一

脇を固めるのは、後藤次利(ベース)、林立夫(ドラム)、大村憲司(ギター)、清水靖晃(サックス)、杉真理(コーラス)、吉川忠英(ギター)、浜口茂外也(パーカッション)、吉川忠英(アコースティックギター)向井滋春(トロンボーン)という日本を代表するそうそうたる面々。

いかに彼女が期待の新人だったということがわかりますね。

そしてこのファーストアルバムは、今でも80年代の名盤として音楽ファンに支持されている一枚です。

1984年3月リリース。全曲作詞・作曲 飯島真理
 
そしてセカンドアルバムではプロデュース・アレンジに吉田美奈子さんが抜擢されています。
 
吉田美奈子さんは、細野晴臣さんに見出されデビュー。
 
山下達郎さんのアルバムにもバックコーラスや作詞でたくさん参加しています。
 
大瀧詠一さんの名曲で数々のミュージシャンにカバーされた「夢で逢えたら」の最初のボーカリストとしても有名です。
 
このアルバムはシティポップな仕上りでとても良いのですが、今までの飯島真理のイメージよりは大人ぽい仕上りになっています。
 
甘い感じのボーカルは控えめになり、全体的に都会的。これはかなり吉田美奈子さんのアレンジが強く、飯島真理さんはこのアレンジはあまり気に入っていなかったとの自身の言葉もあります。
 
私も当時はなんだか期待していたのと違うなとおもったものですが、年を重ねていくとこのアルバムも良いなとおもうようになりました。
 

飯島真理 劇場版 『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』 伝説

セカンドアルバムから約4ヶ月後、1984年7月にマクロスの劇場版アニメ「愛・おぼえていますか」が劇場公開されました。

これがヒットし、飯島真理の歌った映画主題歌の「愛・おぼえていますか」はオリコン最高7位にランクインし、6週連続のトップ10入りを果たしました。彼女も数々の歌番組に出演し一躍全国区の歌手となります。

この曲の、作曲は加藤和彦さん、作詞は安井かずみさんです。

この曲とこの二人のことは一度記事にしたことがあるので読んでみて下さい↓

参考記事:『加藤和彦』と『ロネッツ』と『ビーチボーイズ』そして『安井かずみ』と『超時空要塞マクロス』につながる Do You Remenber Me?

ちなみに1984年はマクロスの他に「風の谷のナウシカ」「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」など、今でも名作と言われるアニメが公開された当り年でもあります。すごい!

飯島真理 サードアルバム『midori』 伝説 清水信之

1985年3月リリース。

プロデュース・アレンジに清水信之

個人的には飯島真理さんのシンガーソングライターとしての良い部分が、清水信之さんによって最大限に引き出された最高傑作だとおもいます。

坂本龍一さんや吉田美奈子さんも良かったのですが、より清水さんは飯島真理さんの音楽性を理解しているとおもいます。

清水さんは、たくさんの方に楽曲提供や編曲をしていて、特にEPOさんや大江千里さんなどとの素晴らしい仕事で有名な方です。あと大貫妙子さんの超名曲「メトロポリタン美術館」の編曲者でもあります!

とにかく全曲名曲。一度紙ジャケで再発されたのですが今は廃盤のようです。紙ジャケでなくていいから再発してほしい。本当に名盤です!

そんなときは「Amazon Music Unlimited」がおすすめ!

私も利用していてかなり活用しています。すでにAmazonプライム会員ならば月額780円で利用できます。飯島真理「midori」や他の曲も聞ける!

created by Rinker
ビクターエンタテインメント

飯島真理 初の海外レコーディング 4枚目のアルバム 「KIMONO STEREO-GREY-」

1985年11月リリース。

ロンドンでレコーディングされた4枚目のアルバム。

「瞳はエンジェル」など何曲かキラリと光る曲も収録されているのですが、初期3枚があまりにも良い出来だった、特に3枚目の「midori」が最高だったので少しグレードダウンかなと思わせたアルバム。全体的におとなしめで彼女の良さがアレンジでもあまり出てないかなとの印象。

いやでも、それでも飯島真理が歌って、それがアルバムとして聞けるだけでもうそれは素晴らし出来事のような気もする。

飯島真理 5枚目のアルバム『Coquettish Blue』 MOONレコード移籍 山下達郎

1984年リリース。ラジオ番組で山下達郎と共演したことがきっかけで、山下達郎自身も役員を務めていたムーン・レコードに移籍します。

5枚目のアルバムにしてムーン・レコード移籍第1弾アルバム。

ミンメイの声優という世間のイメージを振り払うような、気合いの入った本格的なシンガー・ソングライターとしての第一歩としても、とても素敵なアルバムです。

このアルバム最初は山下達郎がプロデュースするはずだったのですが、彼女の意向でセルフプロデュースに変更された経緯があります。

たらればは言いたくないのですが、もし山下達郎がプロデュースしていたら「どうだった?」というのは、シティポップミュージック好きなら誰しも考えてしまうことでしょう。

でも本当に良いアルバムです!

1988年リリース。ムーン・レコード移籍第2弾。
 
後の夫になるジェームス・スチューダーが全曲アレンジを担当しています。
 
安定の1枚で、彼女も自信に満ちた歌唱で80年代の名盤です。
 
彼女のひとつの頂点といっても過言ではないとおもいます。
 
1989年リリース。ムーン・レコード移籍第3弾。
 
80年代最後のアルバムは、TOTOのジョセフ・ウィリアムズジェフ・ポーカロが参加!
 
とうとう彼女をめぐるビッグアーティストもここまできたかという感じです。
 
一曲目でジョセフ・ウィリアムズとデュエットもしています。
 
プライベートでジェームス・スチューダーと結婚し、そのままアメリカのロサンゼルスに移住し、音楽活動の拠点もアメリカになります。
 
 

飯島真理 80年代をまさしく彩ったシンガーソングライター

デビューからここにいたるまで本当にすごい人たちと関わってきて、さらにそれを自身の才能で昇華させてきたシンガーソングライターは稀だとおもいます。
 
まさに時代を彩った彼女。冒頭でも書きましたが、これは比喩ではありません。
 
これまでのアルバムのタイトルすべてにがついているのです。
 
1「Rosé」 フランス語でピンクという意味です。
2「blanche」フランス語で真っ白という意味です。
3「Midori」そのまま緑色ですね。
4「KIMONO STEREO-GREY」 これはサブタイトルなのですが、GREY・灰色がついています。
あれっ、綴りはGRAYじゃないの?とおもいますよね。イギリスでは綴りがGREYなんですよ。
5「Coquettish Blue」青色ですね。
6「Miss Lemon」黄色ですね。
7「My Heart in Red」赤色ですね。
 
このへんの色に対する彼女のこだわりもすごく素敵ですね!
 

飯島真理 伝説は続く

90年代まではムーン・レコードでリリースしていましたが、2000年代からはインディーズとして活動しています。2018年にも新譜を発表しています。
 
また一時はマクロスの歌は一切歌わなかったのですが、アメリカでも熱狂的なマクロスファンが大勢いることなどもあり、最近は心境が変化したようでライブなどでも積極的に歌っています。
 
もちろんマクロスは最高です。
 
しかしその印象が強すぎて彼女のシンガーソングライターとしての才能が、あまり知られていないのはもったいないことです。
 
まだまだ彼女の音楽活動から目が離せないようです。
 
 
 
では、最後まで読んで頂きありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。