エヴァンゲリオン初号機の猫背モデルはウルトラマン!さらに元ネタはあの伝説のハリウッドスター?




たくさんのサイトからのご訪問ありがとうございます!

はじめまして
当サイト(ばいばいアマリリス)管理人で漫画好きの一ノ瀬ポーです。
@byebyeamaryllis

 

みんな大好きなアニメ「新世紀エヴァンゲリオン

 

主人公の碇シンジが搭乗する

 

「汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 初号機」

 

異様な雰囲気に包まれた初号機ですが、

 

見た目の特徴の一つとして前屈みの猫背がありますよね。

 

これは初代のウルトラマンの姿勢を真似しているというのは

 

ここがポイント
結構有名な話です。

 

 

ではこのウルトラマンの前傾姿勢の元ネタは知っていますか?

 

 

ウルトラマンの猫背にも元ネタがあった?!

 

結論からいきましょう!

 

それは『理由なき反抗』という映画の、ジェームズ・ディーンが演じた役柄が元ネタです。

 

 

1955年アメリカ映画

監督/ニコラス・レイ

 

映画史に残る名作といわれています。

 

この映画のなかで、ジェームズ・ディーン演じるジムが不良のボスに喧嘩を売られて

 

ナイフで決闘をするシーンがあるのですが

 

この場面のジェームズ・ディーンの前傾姿勢が、初代ウルトラマンのファイティングポーズのモデルになっています。

 

初代ウルトラマンのスーツアクターである古谷敏さんが少年の頃に見た「理由なき反抗」のナイフでの決闘シーンを強烈に憶えていて

 

演出として猫背前屈みのポーズをとりいれたと公言されています。

 

※さらに「火薬が怖くて腰がひけていた」「古谷さんの背が高く画面に収めるために屈むポーズになった」なども要因の一つと言われています。

 

1955年「理由なき反抗」から

 

1966年「ウルトラマン」を経て

 

1995年「新世紀エヴァンゲリオン」に脈々と受け続けられているのは楽しいですね。

 



ABOUTこの記事をかいた人

元古本屋店員。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。