【感想】漫画『空挺ドラゴンズ』祝アニメ化!龍を追う空の狩人達がいかす【試し読み】【ネタバレ】




空挺ドラゴンズ1巻

2020年の1月からフジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra」、NETFLIXにて独占配信でアニメ化されることが決定した、今話題の漫画をご存知ですか?

タイトルは「空挺ドラゴンズ」です。

龍(おろち)とりを仕事にした、貧乏捕龍船の乗組員たちの物語が熱く、乱暴で、時に優しく、面白いです。

またグルメ漫画としての側面もあって、たくさんの方に読んでもらいたいおすすめ漫画です。

またあの国民的いや、日本が誇る世界的アニメ作家の絵に似ている?と話題になっています。その点も検証してみたいとおもいます。

では基本情報から行ってみましょう!

 

「空挺ドラゴンズ」の作者って誰なの?

作者は桑原太矩さんです。

1985年生まれ。北海道札幌市出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。

2010年アフタヌーン四季賞にて「鷹の台フリークス」で佳作、2011年またも四季賞にて「ミミクリ」で準入選を受賞。

単行本としては「とっかぶ」全4巻で刊行されています。

 

「空挺ドラゴンズ」ってどこで読めるの?

月刊「アフタヌーン」にて連載中です。

単行本は、5巻まで既刊されています。

まだ追いつける巻数なのでこれを機会にぜひ読んでみて下さい。

 

「空挺ドラゴンズ」のストーリーは?

おんぼろ捕龍船クィン・ザザ号の乗組員たちは、龍を追って世界中の空を旅する龍(おろち)とり。

危険な仕事で、金もないが、文句を言いつつ、どこか楽しげな毎日を暮している。

乗組員の一人、主人公のミカは、普段はボケーとしたやさぐれ男だが、龍を見ると目が変わります。

近代的な武器は使わずに、危険をかえりみずに龍に飛び乗りモリで刺し、龍を狩ります。

それはすべて龍をおいしく食べるためだった!

 

「空挺ドラゴンズ」5つの「ハッとしてGOOD!」おすすめポイント

 

ハッとしてGOOD

5つの「ハッとしてGOOD!」とは、当サイトの管理者ポーが「独断」と「偏見」と「心強さ」を発揮して、「空挺ドラゴンズ」の好きなポイントを5つ挙げて、みなさんにこの作品をおすすめするコーナーです。

ネタバレをしてしまう箇所があるので、知りたくない方は作品を読んでから、目を通して下さいね。

宮崎駿の世界に似ている? 似ているけどいいじゃない! 1good

やはり宮崎駿さんの絵柄にかなり似ています。

とくに漫画版「風の谷のナウシカ」や「シュナの旅」、アニメ用の絵コンテで描く絵柄に似ています。

しかし、そんなことはどうでもいいじゃないですか!

だってみなさん、あの宮崎駿のささっと描いたように見えるのに、誰にもマネできない不思議な絵柄大好きですよね?私ももう大好きで大好きで。何度見ても「いいな~」と感動してしまいます。

好きなものをリスペクトして自分の絵柄に取り込むことはとても大事なことです。

こういう絵柄がもっともっと世の中に増えて欲しいなとおもいます。

細部が描き込まれていて世界観に引き込まれる! 2good

ゴーグルや、龍を捕獲する武器なども細部まで描き込まれてて、そのへんも引き込まれる要因です。

絵がすごいうまいですね。

まあこれも宮崎ワールドに似ているのですが、何度も言いますが、似ててもいいのです!

グルメ漫画としても面白い! 3good

もちろん龍は架空の生き物ですが、その龍を調理したレシピがエピソードの終わりに書かれています。

主人公のミカはとにかく、おいしく龍を食べることに命をかけているので、料理が美味しそう。

夜に読むとお腹が空きます。

乗組員たちのキャラがいい! 4good

貧乏船なので、キャラも一癖ある人たちの集まりでそこも楽しいところです。

彼らのエピソードも少しづつ語られていくので、さらにキャラに思い入れが出てきます。

この世界の「龍」はまるで「鯨」 日本人の精神を引き継ぐところがいい! 5good

龍というと、ドラゴンボールのシェンロンのようなイメージがあるとおもいますが、この漫画では見た目はどちらかというと海の生物のような姿をしています。

また龍と人間の関係は、完全に昔の日本人と鯨のありかたと重なる部分が多いです。

これはあきらかに意識して描いていますね。

「油をとる」「すべて食べる」「塚を建てる」「神格化している」など。日本人にとって昭和の途中までは、鯨はとても大切な生き物でした。

鯨は日本だけでなく世界にとっても重要な生き物でした。

江戸時代にペリーが黒船で来航した、一番の理由は捕鯨するときの寄港地が欲しかったのです。鎖国していた江戸時代から、開国して明治になるきっかけの一つは鯨であるということなんですよ。

 

「空挺ドラゴンズ」も読める電子書籍は「ebookjapan」がおすすめ!

 
漫画は絵柄が自分に合うかどうかも、重要ですよね!
どれだけ内容に興味があっても、絵が好きでないとなかなか頭に入ってきません。
 
そんなときは、とりあえず試し読みしてみましょう。
 
今は便利な電子書籍がありますからね。
 

「空挺ドラゴンズ」の試し読みもできる、おすすめ電子書籍サイトをご紹介します。

(2019年4月現在の情報ですので、時間が経過している場合は最新の情報を参考にして下さい)

・ebookjapan

漫画といえば、ebookjapanですね。国内でも圧倒的な商品数が魅力です。

商品数なんと60万冊以上(漫画以外も含む)です。

とりあえず漫画好きで一つ電子書籍サイトに入るならば、

ebookjapanがダントツおすすめです!

私ももちろん入っていますよ。

無料で読める漫画も常時2000冊以上!大人の方にはムフフな漫画BL漫画も結構読めちゃいます。

さらにセールキャンペーンが一番充実しているのも今のところebookjapanですね。

有名・話題な漫画作品も、期間限定で一冊無料(複数冊もあり)や、割引されていたりして、「おぉ、この漫画無料でいいのかい!!!」なんて興奮することも本当によくあります。

特に私のようにYahooをよく利用する人にはTポイントがかなり貯まるので、電子書籍サイトに入るならebookjapanに入らざるおえない状況です(笑)

このサービス満天感は、もう国内最大大手だからできることでしょう。

デメリットとしては

・yahooに会員登録しなければならない

・漫画以外は強くない

・無料キャンペーンやお得なセールが多すぎて読みきれない(嬉しいデメリット?)

といったところでしょうか。

ebookjapanのアカウントを作って、はじめてのログインで50%OFFのクーポンがもらえます!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いできることを楽しみにしています。よい漫画ライフを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。