【感想】『ひねもすのたり日記』ちばてつや渾身のエッセイマンガ 泣きながら読むべし!読むべし!読むべし!【試し読み】【ネタバレ】




打つべし!打つべし!打つべし!どうもポーです(@byebyeamaryllis)
(↑あしたのジョーネタです。知らない人はぜひ「あしたのジョー」読んでね)

今回は、あの伝説的漫画「あしたのジョー」の作画(原作は高森朝雄)を描いたことで有名な「ちばてつや」先生の18年ぶりの連載漫画「ひねもすのたり日記」を紹介します。

あの「ちば先生」が新作を描いてくれたとなれば、もうこれは漫画ファンなら黙って購入し、家宝にしなければならないほどのものですね。

内容は今のお年をめした「ちば先生」と、戦争を体験した子供の頃の「ちば少年」の話が交互に構成されていて、涙なくしては読めませんでした。

たくさんの方に読んでもらいたい良い漫画なので、ぜひこれを機会に手にとってみて下さいね。

では、基本情報から行ってみましょう!

「ひねもすのたり日記」の作者って誰なの?

漫画界のレジェンドなので、説明する必要もないかなとおもったのですが、連載が18年ぶりですともう若い方はあまり知らない方も多いかもしれません。

作者は「ちばてつや」さんです。1939年東京都生まれ。生後まもなく満州国に渡る。4人兄弟の長男。のちに兄弟4人とも漫画界に関わることになります。

代表作は「紫電改のタカ」「ちかいの魔球」「ハリスの旋風」「のたり松太郎」「あした天気になあれ」など多数。
これらの作品を知らなくても、みなさんも絶対に知っている代表作は

「あしたのジョー」です!

「ちば先生」は作画でクレジットされていて、原作は高森朝雄(梶原一騎の別名義)になっていますが、かなりストーリーにも「ちばてつや」さんが関わっています。

あの漫画界に残る燦然たる名ラストシーンも、梶原一騎の元々の原作を変えて、ちば先生が考えて描いたものです。

すごすぎる!!!まさにレジェンド。

「ひねもすのたり日記」ってどこで読めるの?

「ビッグコミック」誌上にて2016年より連載中です。

2019年3月現在単行本は1巻まで既刊されています。

第2巻は2019年4月26日発売予定です!

雑誌巻末でカラー4ページなので、なかなか単行本は発売されませんが、お元気であるかぎりずっと描き続けてほしいです。

「ひねもすのたリ日記」のストーリー

歳をとった「ちば先生」の日常のちょっとした面白いエピソードが描かれていて、くすっと笑えて優しい気持ちになります。

しかしその間に入ってくるエピソードは、満州(現中国)で終戦を迎え、引き揚げ船で日本に帰るまでの壮絶な1年を描いています。

この平和でなんでもない日常も、あの壮絶な戦争の日々と地続きなのだと言われているようで、考え深い内容になっています。

「ひねもすのたり日記」5つの「ハッとしてGOOD!」おすすめポイント

ハッとしてGOOD

5つの「ハッとしてGOOD!」とは、当サイトの管理者ポーが「独断」と「偏見」と「心強さ」を発揮して、「ひねもすのたり日記」の好きなポイントを5つ挙げて、みなさんにこの作品をおすすめするコーナーです。

ネタバレしてしまう箇所もあるので、知りたくない方は作品を読んでから、目を通して下さいね。

今の「ちばてつや」先生が知れるところがGOOD!

病院に行って、数々の失敗をするエピソード。
「たまには体を動かしなさい」と奥さんに尻をたたかれジョギングしたはいいものの、迷子。
大学の帰りの電車の席で、怖い人に挟まれてしまう、などなど。

なんだか、とぼけたおじいちゃんみたいで笑える話がいっぱいで、おもわず笑ってしまいます。

やはり「ちば先生」というと、こわもてで知られた原作者・梶原一騎に一歩も引かなかったエピソードなどで、強く一本筋が通った人というイメージが強いので、こういう普通の話は「ちば先生」も人間なんだな~ととても面白く嬉しくなります。

壮絶な戦争体験を知れるところがGOOD!

戦争体験した人々も、高齢になり最近お亡くなりになることが多いです。

永六輔、野坂昭如、立川談志、そういう方々の戦争の話はとても貴重でした。また私の祖父・祖母は戦争体験者なので、時々当時の話しを聞きました。

ちば先生も、近年になって短編漫画「家路」、自伝「屋根裏の絵本かき」などで幼少の頃の戦争体験を描くようになりました。

今まではあまり思い出したくなかったので戦争の話は描けなかったらしいのですが、年を重ねて自分の体験を描く義務があるのではないかと自身の心境の変化を語っています。

満州から延々歩き続け、時に屋根裏部屋に身を隠し、やっと引き揚げ船に乗り、さらに父親の故郷の千葉までたどり着く1年間の過程は壮絶すぎて胸がつまります。

ですが当時の「ちば少年」は子供だからでしょうか、はたまた彼の性格なのでしょうか、毎日が死と直面していたのに、家族と長い間一緒にいられたことが楽しかったと語っているのです。

これは体験した人でないと、分からない心情でしょう。そのへんも素直に描いてあって、興味深かったです。

ぜひ若い人にも読んでもらいたい作品です。

全ページがカラーなのがGOOD!

この漫画、全ページカラーなのです。
しかもすごく細かく背景が描いてあり、隅々までよく見てしまいます。

すでにプロダクションも解散しているので、アシスタントもいない状態。

ですので奥様が一部色を塗る以外は、ちば先生が全部描いています。

それはやはりすごいことですし、それが読めることの幸せ。この時代に生きていて、漫画ファンでよかった!

やっぱり作画がすごくてGOOD!

全盛期の絵とはいきませんが、当たり前ですがすごく絵がうまいです!(いや~本当に当たり前ですね)

ちょっと力を抜いて、ササッと描いているように一見見えますが、これは長い間描き続けてきた人にしか描けない味だとおもいます。

パースもちょっと狂っているかなとおもうけど、心地の良い絵です。最近の絵はパソコンで描く人が多いのでかっちりし過ぎていて、どうも読んでいると目が疲れます。

人間の血が通ってる漫画。これぞ漫画だと久しぶりにおもわされました。

戦争のシーンはつらいので、日常の笑える箇所を、何度も読み返しては、「うまいな~」とうなってしまいます。

他の漫画家たちもたくさん出てくるところがGOOD!

藤子不二雄A先生のエッセイにも繰り返し出てくる、漫画界の大御所たち。「ちば先生」も同じゴルフクラブ「イージー会」のメンバーなので出て、この漫画にもたくさんの有名漫画家が出てきます。

これは漫画ファンにとっては嬉しいですね。

お亡くなりになった、手塚治虫、水木しげるを筆頭に、藤子不二雄A、さいとうかたを、つのだじろう、北見けんいち、秋本治、永井豪、などなど。

ものすごいメンバーで、それだけでも読んでいて楽しいです。

久しぶりに他の作品も読みたくなった

子供の頃から、ずっと読み続けてきた「ちばてつや」作品。

優先して読むのは新しい漫画が中心、しかも面白い漫画は次々と発表され、読む時間は通勤電車の中ぐらいしかない私は、たしかに最近昔の漫画を読み返していませんでした。

ちばてつや先生の弟さんのちばあきおさんの漫画が子供の頃一番好きでした。「キャプテン」「プレイボール」「ふしぎトーボくん」「チャンプ(未完)」。早くにお亡くなりになり残念です。

あきおさんの、満州からの引き揚げでの子供時代も描かれていますが、ちょっとつらかったです。

「ちばてつや」「ちばあきお」作品、またその年代の漫画を本棚から引っ張り出して読んでみようとおもいます。

ぜひみなさんもこの作品を読んでみて下さいね。

最新巻は2019年4月26日発売予定!忘れないように予約だ!

こちらも「ちば先生」のイラストと文章の自伝。

「ひねもすのたり日記」も読める電子書籍は「ebookjapan」がおすすめ!

漫画は絵柄が自分に合うかどうかも、重要ですよね!
どれだけ内容に興味があっても、絵が好きでないとなかなか頭に入ってきません。
 
そんなときは、とりあえず試し読みしてみましょう。
 
今は便利な電子書籍がありますからね。
 
「ひねもすのたり日記」の試し読みもできる、おすすめ電子書籍サイトをご紹介します。
(2019年3月現在の情報ですので、時間が経過している場合は最新の情報を参考にして下さい)
 

・ebookjapan

漫画といえば、ebookjapanですね。国内でも圧倒的な商品数が魅力です。
商品数なんと60万冊以上(漫画以外も含む)です。

とりあえず漫画好きで一つ電子書籍サイトに入るならば、
ebookjapanがダントツおすすめです!

私ももちろん入っていますよ。

無料で読める漫画も常時2000冊以上!大人の方にはムフフな漫画BL漫画も結構読めちゃいます。

さらにセールキャンペーンが一番充実しているのも今のところebookjapanですね。

有名・話題な漫画作品も、期間限定で一冊無料(複数冊もあり)や、割引されていたりして、「おぉ、この漫画無料でいいのかい!!!」なんて興奮することも本当によくあります。

特に私のようにYahooをよく利用する人にはTポイントがかなり貯まるので、電子書籍サイトに入るならebookjapanに入らざるおえない状況です(笑)

このサービス満天感は、もう国内最大大手だからできることでしょう。

デメリットとしては
・yahooに会員登録しなければならない
・漫画以外は強くない
・無料キャンペーンやお得なセールが多すぎて読みきれない(嬉しいデメリット?)
といったところでしょうか。

ebookjapanのアカウントを作って、はじめてのログインで50%OFFのクーポンがもらえます!

 

では最後まで読んで頂きありがとうございました。

またお会いできるときを楽しみにしてます。よい漫画ライフを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。