【我らコンタクティ】 感想【UFOに見せたかった映画って何?】 体育館で観る映画 児童映画 文部省推薦選定映画とは?




とても話題になっている漫画、森田るいさんの「我らコンタクティ」を読んでみました。

最近流行の80年代的な絵柄を現代風に仕上げて取り入れてつつ、やはりどこか懐かしさがこみあげてくる青春漫画です。

一言で言って、かなり面白かったです。

万人に受ける作品というよりは、一定の人の胸にグッとくる作品となっています。絵

柄も好き嫌いがあるかもしれません。そしてかなり文学的ともいえます。しかしたくさんの人に読んでほしい傑作漫画です。

我らコンタクティってどんな漫画?

ストーリーは小学生の頃は人気者で、会社に不満がある今は普通のOLカナエと、子どもの頃から目立たない、町工場で一人でロケットを作っている小学校の同級生カズキを中心に、カズキの兄テッペイ、飲食店「みず色クラブ」の経営者梨穂子さん、安川教授県警の高橋などが絡んで話は進んでいきます。

カズキは小学校三年生に体育館でみんなで見た映画が今でも忘れられません。その次の日公園でカナエとUFOに遭遇します。

カズキはそのUFOに自分の好きな映画を見せるために、ロケットを打ち上げて宇宙空間で映画の上映会をしようと計画しています。

そんな無謀な話を聞いたカナエは、爆笑し、バカにしつつも最初は金目的で近づくのですが、次第にこの純粋で壮大で実に無意味な計画に自身ものめり込んでいきます。

そして、カナエやカズキ、周りの人達もこの計画が動きだすことで、以前とは変わっていきます。

我らコンタクティ 何とコンタクトするのか?

コンタクトする相手はUFOにだけ掛かっているわけではなく、自分たちの周りの人間や社会とどう関わっていくかという話にもなっています。

「我らコンタクティ」

人は何かと関わっていかなければ生きていけません。すべての人々は「我らコンタクティ」なのです。おおげさではなく関わり合いの再構築をサラッと描いているところが、この作品の素晴らしいところです。

この一見バカバカしい壮大な計画は成功するのか、カズキとカナエと共に254ページ分の冒険に出てみませんか?

もしあなたが、ちょっといろいろなことに疲れていたらぜひ読んでみて下さい。きっと元気が出ますよ。

ロケットに自分の一番大切なものを詰め込んで、さあリフトオフ!

 
さてここからは、ネタバレなどがありますので、内容が知りたくない方は読み終わってから見て下さいね。
↓↓↓

カズキの好きな映画のタイトルは何だろう? 実在する映画?

一番の気になるところは、カズキが今でも大好きでUFOに見せたい映画のタイトルは何かということですよね。情報が少ないのでかなり難しいのですが検証してみたいとおもいます。
 
まずは体育館でみんなで見た映画、つまり学校側が授業のひとつとして上映したということから、教育的な作品だということがわかります。
 
私は今40代半ばなので、このような上映会を体験しています。
 
体育館や夏休みの公民館などでよく見ました。
 
必ずこの手の作品には文部省推薦や文部省選定などとチラシに書いてありました。日活もある時期児童映画なる教育映画を制作していましたね。
 
教育映画なのでたいして面白くないだろうと期待もせずに見るのですが、急にショッキングな場面があったり、なんともいえないB級感が漂っていたりと、意外とその頃の子どもたちに強烈な思い出として胸に刻まれていることが多いようです。
 
そしてもう一回見たいな〜とおもっても、タイトルがわからない、そもそも学校教育の為の上映のみなのでソフト化もされていない作品もあり、もう見ることができないことが多いのです。
 
でもこの手の映画というのは見られないから見てみたいだけで、見るとあれ?ということがよくあります。
 
カナエもフィルム1巻でもういいやと断念していましたよね(笑)
 
では問題のカズキたちの見た作品の具体的な情報は、
 
・舞台はサバンナである。
・主人公がヒュ〜イ〜ヒュ〜イ〜と踊る。
サイのような動物と髪の長い女性が触れ合っているように見える。
・サイ?同等程度の大きさの動物と、帽子をかぶった男性髪の長い女性と、髪の長い女の子が触れ合っている
・ラストは女性が一人サバンナを歩いていて、奥には湿地帯、水が見える。
・サバンナの草原にたくさんのバッファローのような動物の群れとそこで一人踊る人(男女の判別つかず)。
このシーンが問題のヒュ〜イ〜、ヒュ〜イ〜と踊るシーンなのは間違いないでしょう。
 
 
情報はこれぐらいです。
 

舞台は宮崎県

まず彼らの住んでいる場所は、たぶん宮崎県だとおもいます。

飲み屋で知り合った、カナエがスポンサーにしようとした会社社長の名刺と梨穂子さんのスマホの地図アプリから推測するに、宮崎県ないしは宮崎県に近い九州地方だとおもいます。

 

我らコンタクティっていつ頃の話なのか?

あと問題なのは、この漫画の舞台がいつの時代を描いていて、カズキとカナエは年齢はいくつなのかということです。
 
カズキは、
・多機能ふで箱を小学生のときに使っていた
・iMac G3を使用している 98年発売
・携帯なし
 
 
カナエは
・iPhoneを使用している 
デザインは角張っているので4(2010年)から5s(2013年)までに購入したiPhoneを使用中と思われます。
 
この作品はアフターヌーンで2017年に連載されていましたので、それより少し前の話なのではないでしょうか。
 
するとカズキのiMac G3は当時買って、気に入って長年続けているということでしょう。カズキのことなので、中身は最新のハードディスクやOSを入れている可能性も大です。部屋は狭いけどね(笑)
 
総括すると、見た目と、仕事場の立場からして専門学校か大学を卒業して地元の中小企業に就職し、当時20代半ばといったところでしょうか。
 
カズキの兄テッペイは、小学校時代の絵からしてカズキたちより3・4歳年上として20代後半から30代前半だとおもいます。
 
彼には子供がいるのですが、今度受験を控えています。ロケットの打ち上げシーンでは子供を肩車しているので、小学校受験として今5歳ぐらいでしょうか。
 
梨穂子さんは、テッペイのことをくんと呼んでいますし大人の雰囲気が漂っていますので、みんなより年上で30代半ばぐらいと想像します。
 
2012年頃に25歳として1987年頃の生まれで、小学校三年生にこの映画を見ているので、だいたい1995年よりは前の映画ということになります。
 
そしてサバンナが舞台ということでですが、サバンナ地帯で一番に思いつくのはアフリカですが、南アメリカ、インド、インドシナ半島、オーストラリアにもサバンナはあります。
 
ほとんど当てずっぽうですが、これをヒントに思いつける映画をあげてみたいとおもいます。
 
amazonプライム会員なら対象の映画・アニメ・TV番組・音楽が見放題 聞き放題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。