【手塚治虫】が登場する【漫画】をご紹介。マンガの神はやはりどこにでも現れる?!




星の数ほどはないかもしれませんが、たくさんのサイトの中から訪問して頂きありがとうございます。

ポーと申します(@byebyeamaryllis)

今回は、漫画の神様「手塚治虫」さんをご紹介したいとおもいます。

そんなの言われなくても知ってるよ!というあなた、ちょっと待ってください!

手塚治虫さんのおすすめ漫画を紹介しているサイトはたくさんありますし、漫画好きならば、手塚治虫さんのお気に入りの作品がある方は多いとおもいます。

そこで、今回は手塚治虫さんが、他の漫画家によって描かれた作品をご紹介してみようとおもいます。

見つけたら随時更新していきますので、ブックマークして時々見に来てくれると嬉しいです。

では、さっそく行ってみましょう!

「まんが道」 

藤子不二雄Aによる、藤子不二雄や同世代の漫画家たちが送った青春自伝漫画。

トキワ荘に集まり、のちに漫画界をリードしていく若き青年たちも、手塚治虫がいなければ漫画家を目指さなかったでしょう。

手塚治虫自身がすごいのは当たり前ですが、その後に手塚先生の道をめざし、続いていった人々の功績は多大なるものがあります。

単純に漫画作品としても大傑作で、読んでいると力が沸いてくるような勇気づけられる作品です。

 

 

「ブラック・ジャック創作秘話 手塚治虫の仕事場から」

原作宮崎克、漫画吉本浩二による実録漫画。

この頃の漫画界の熱量がこちらに伝わってくるような、傑作漫画です。

手塚治虫先生が、テレビなどでよく見る「人の良さそうな常識人」というイメージは、近い人ほど否定しているのは有名な話ですが、ここでも「わがまま」だったり、「嫉妬」する手塚先生の逸話が面白いです。

しかし、これぐらいの個性ある性格でないと、あの名作群たちは生み出されませんよね。

当時の編集者やアシスタントなども一癖も二癖もある人ばかりで、熱い魂が込み上げてきます。

読みながら、泣きましょう!

 

 

「ひねもすのたり日記」

「あしたのジョー」の作画などで有名な「ちばてつや」の自伝漫画。

ちばてつや、藤子不二雄A、さいとうたかを、など漫画界のレジェンドたちが集まって結成されたゴルフ倶楽部「イージー会」

それは手塚治虫先生の早すぎるお葬式で結成された会でした。そのエピソードも語られています。

戦争の壮絶な体験を経験した少年時代と、現在のお年を召したおじいちゃんの生活。
交互に語られるエピソードに涙あり、笑いありのエッセイ漫画です。

ちば先生18年ぶりの連載作品!漫画ファン必読必死の作品!

 

「フイチン再見」

村上もとかによる、女流漫画家「上田とし子」の伝記漫画。

これまで紹介したものは、憧れをもった手塚先生の後輩の目から見た手塚治虫像でしたが、上田とし子さんは手塚先生より年上で漫画家としても先輩なので、その点が他の漫画とは違い興味深いです。

戦後すぐ漫画はまだ子供だけが読むもので、大人たちからは「良くないもの」として扱われていました。
率先して漫画というものの理解を訴える手塚先生の活動も、この漫画で見られます。

本当に漫画というものを愛し、漫画の未来を考えていたんだとおもいます。

上田とし子先生の、壮絶な満州からの引き揚げのエピソードは、前記したちばてつや先生の「ひねもすのたり日記」と合わせて読むとより当時の戦争のことが迫るようにわかります。

同じく満州引き揚げの漫画家、赤塚不二夫の話も胸にせまります。

たくさんの人に読んでもらいたい素晴らしい作品です。

 

「オリンピア・キュクロス」

「テルマエ・ロマエ」で有名なヤマザキマリの古代ギリシャ漫画。

古代ギリシャで壷絵師見習いのデメトリオスは、運動神経抜群ながら草食系の大人しい青年。

彼は悩むと大きな壷に入る癖があるのですが、そこにカミナリが落ち、気づくとそこは1964年東京オリンピックに沸く日本へタイムスリップしていたという歴史ギャグ漫画。

第二巻は表紙も手塚治虫

ギリシャの絵師と、日本の漫画の神様が出会う、ファンタジーギャクですが、とても大切なメッセージが含まれていて感動しました。

 

「手塚プロの食卓」

堀田あきお&かよによるエッセイ漫画。

「めしざんまい」という雑誌に掲載されていましたが、単行本化はされていないようです。

堀田あきおさんは、手塚治虫のアシスタントをされていた漫画家で、ささっと軽く描いたような絵ですが、さすがに抜群にうまいです。

ちょっとした手塚プロでの食事に関するエピソードなのですが、これがなかなか面白く、私は雑誌を切り抜いてとってあります。

※2019年書き下ろしを含めて、めでたく単行本化!

ほったさんの介護漫画もおすすめです。

 

「睡眠のチカラ」

2013年に東京現代美術館で開催された「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展へ特別寄稿された、水木しげるの2ページ特別漫画。

生前の手塚治虫と石ノ森章太郎に、水木しげるが会ったときの会話を自ら漫画にしています。

手塚先生と水木先生はライバル同士、特に手塚先生がライバル視していたことは有名です。

「ゲゲゲの鬼太郎」が人気が出たときに、自分も妖怪漫画を描けると「どろろ」を発表しました。

水木先生もそれを揶揄した「一番病」という何でも一番でなくては気がすまない人を描いた漫画を描きました。

しかしお互い漫画家としては認め合い尊敬していたんだとおもいます。

 

「ボクの手塚先生」

代表作「釣りキチ三平」矢口高雄が描く自身の伝記漫画。

手塚治虫漫画を秋田の山奥の田舎で読んだ、衝撃の体験などが描かれています。

その当時そんな子供たちが、日本にどれくらいいたのでしょうか?

そしてその衝撃は、やがて世界に通用するメディアにまでマンガが成長することを考えると感慨深いものがあります。

 

「ボクの手塚治虫せんせい」

「ダメおやじ」「BARレモン・ハート」などの古谷三敏の自伝漫画。

手塚治虫と赤塚不二夫の二人のアシスタントを勤めた古谷光敏先生しか知らないエピソードが満載。

見合いの相手って誰だったんだ!

タイトルが上記した矢口高雄の「ボクの手塚先生」と表記が違うだけでややこしいぞ(笑)

 

TVアニメ創作秘話~手塚治虫とアニメを作った若者たち~

「ブラックジャック創作秘話」の原作・宮崎克、漫画・野上武志による実録漫画。

手塚治虫の偉業は漫画だけではなく、アニメにも多大なる影響を与えました。
順風満帆とはいかなかった過酷なアニメ創作の現場がよくわかります。

2019年の朝ドラ「なつぞら」の東京篇の舞台は東映動画という会社がモデルです。
手塚先生も関わりがありますので、「なつぞら」のファンの方にもオススメの漫画です。

麒麟の川島さんが演じる警察官あがりのアニメーターのモデルは、大塚康生さん。

貫地谷しほりさんが演じるクールな女性アニメーターのモデルは、中村和子さん。

二人ともこの漫画に登場しますよ!実際のエピソードを知っているとよりドラマが楽しくなります!

関連記事 【なつぞら】にはジブリの『宮崎駿』も登場?ドラマのアニメーターのモデル達は歴史を作った偉人たち!

 

やっぱり手塚治虫はすごかった

いやーさすが手塚治虫。これほどまでに人の漫画に登場する漫画家は絶対にいません。

それだけ漫画界、いや日本人にとってすごい存在ということになりますね。

読めば読むほど、手塚先生の「偉大さ」や、子供ぽい「人間味」のある手塚先生を知ることが出来て、数々の名作を読み返すとまた違った印象になるかもしれません。

こちらもおススメ

 

漫画がたくさん読める電子書籍は「ebookjapan」がおすすめ!

漫画は絵柄が自分に合うかどうかも、重要ですよね!
どれだけ内容に興味があっても、絵が好きでないとなかなか頭に入ってきません。
 
そんなときは、とりあえず試し読みしてみましょう。
 
今は便利な電子書籍がありますからね。
(2019年3月現在の情報ですので、時間が経過している場合は最新の情報を参考にして下さい)

・ebookjapan

漫画といえば、ebookjapanですね。国内でも圧倒的な商品数が魅力です。
商品数なんと60万冊以上(漫画以外も含む)です。

とりあえず漫画好きで一つ電子書籍サイトに入るならば、
ebookjapanがダントツおすすめです!

私ももちろん入っていますよ。

無料で読める漫画も常時2000冊以上!大人の方にはムフフな漫画BL漫画も結構読めちゃいます。

さらにセールキャンペーンが一番充実しているのも今のところebookjapanですね。

有名・話題な漫画作品も、期間限定で一冊無料(複数冊もあり)や、割引されていたりして、「おぉ、この漫画無料でいいのかい!!!」なんて興奮することも本当によくあります。

特に私のようにYahooをよく利用する人にはTポイントがかなり貯まるので、電子書籍サイトに入るならebookjapanに入らざるおえない状況です(笑)

このサービス満天感は、もう国内最大大手だからできることでしょう。

デメリットとしては
・yahooに会員登録しなければならない
・漫画以外は強くない
・無料キャンペーンやお得なセールが多すぎて読みきれない(嬉しいデメリット?)
といったところでしょうか。

ebookjapanのアカウントを作って、はじめてのログインで50%OFFのクーポンがもらえます!

では最後まで読んで頂きありがとうございました。

またお会いできるときを楽しみにしてます。よい漫画ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。