【新世紀エヴァンゲリオン】第九話は『犬神家の一族』オマージュシーンも見どころ!

たくさんのサイトからのご訪問ありがとうございます!

はじめまして
当サイト(ばいばいアマリリス)管理人でアニメ好きの一ノ瀬ポーです。
@byebyeamaryllis

今回はみんな大好きなアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」ネタです。

新世紀エヴァンゲリオン

エヴァはいろいろな作品のオマージュが多用されていることでも有名ですよね。

最初のテレビ版は1995年放送なので、新たなファンには知らないこともあるとおもいます。

有名なネタですが、簡単に説明していきますね。

第九話「瞬間、心、重ねて」に「犬神家の一族」のオマージュが登場

第九話はシンジとアスカのユニゾン特訓など、笑えながらも2人の思いが少し歩み寄るところなど見所がたくさんありますよね。

私もこの回は好きだな〜

テレビ版「新世紀エヴァンゲリオン」第九話 簡単なあらすじ

ストーリーはこんなかんじでしたね。

エヴァンゲリオン弐号機と共に来日した惣流・アスカ・ラングレー(セカンドチルドレン)。

第7使徒「イスラフェル」襲来により、シンジと共にエヴァで出動することになります。

自信満々のアスカは1人で十分と単独で行動し、使徒を真っ二つに引き裂きます。

シンジも「お見事」と褒めた瞬間に、分離するイスラフェル。

あれっ?何が起きたの!

場面は変わりネルフ本部では、今回の戦いを画像とともに振り返っています。

初号機は駿河湾に水没、弐号機は茶畑に埋没していますね。

リツコの冷静なコメント「ぶざまね」が笑えます。

で、問題はここですね。

初号機・弐号機ともに上半身が埋もれて、足だけがニョキっと出ていてますよね。

これが「犬神家の一族」の強烈なワンシーンに似ています。

犬神家の一族

「犬神家の一族」のジャケットにもなっているこの問題のシーン。

どうですか?

特に水没している初号機にそっくりですね〜

「犬神家の一族」ってどんな映画?

エヴァにも影響を与えた作品の一つ、「犬神家の一族」とはどんな映画なのでしょうか?

簡単に振り返ってみましょう。

犬神家の一族とは

原作・横溝正史。監督・市川崑。

1976年に公開された映画です。

また80年代中頃までヒット作を連発した「角川映画」の第1作、また石坂浩二主演の金田一耕助シリーズの第1作と、日本映画史に残る記念すべきエポックメーキングな作品です。

庵野監督は市川崑監督のフォントもオープニングなどでまねしているので、足ニョッキリシーンはオマージュ的に使っているとおもいます。

また「犬神家の一族」は1954年に片岡千恵蔵主演で「犬神家の謎 悪魔は踊る」で初めて映像化されました。

2006年には市川崑監督自身によってリメイクされ、時代を超えて人気のある作品となっています。

エヴァだけじゃない「犬神家の一族」オマージュ作品

この強烈なシーンはよくオマージュやパロディにされることで有名です。

テレビドラマ「トリック」の新作スペシャル3や、近年だと日清のカップヌードルCMなども記憶に新しいです。

その中でちょっと気になるのが、相米慎二監督の「台風クラブ」なんです。

「台風クラブ」へのオマージュも入っている?

台風クラブ

「犬神家の一族」へのオマージュは間違いないとおもうのですが、「台風クラブ」へのオマージュも少なからず入っているのではないかな〜というのが私の考えです。

ただ私が相米作品と庵野作品が大好きだということなのですが、どうですかね?

「台風クラブ」は普段は普通の中学生たちが、台風が近づいてくるにつれ日頃の鬱憤を吐き出すように壊れていく様子を描いた作品です。

ラスト近くにの衝撃的なシーンで、この「犬神家の一族」オマージュが出てきます。

見ていて心がざわつくので、ぜひ興味があれば「犬神家の一族」さらには「台風クラブ」も見て下さいね。

「新世紀エヴァンゲリオン」第九話 もうひとつのネタ

この第九話には、もう一つ元ネタ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元古本屋店員。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。