将棋棋士【渡辺明】永世竜王のあだ名「魔太郎」「魔王」の元ネタは?あの有名漫画家の作品!




たくさんのサイトからのご訪問ありがとうございます!

はじめまして
当サイト(ばいばいアマリリス)管理人の一ノ瀬ポーです。
@byebyeamaryllis

最近は2016年に史上最年少でプロ入りを果たした藤井聡太二冠、独特のキャラクターが人気の加藤一二三九段、漫画では「3月のライオン」が大ヒット連載中と将棋ブームが続いています。

その中でも、タイトル通算獲得数は歴代5位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持している渡辺明名人。

そんな天才棋士、渡辺明名人のあだ名は「魔太郎」や「魔王」です。

これはある漫画のキャラクターにとても似ているのでついたあだ名です。

今回はそのあだ名の元ネタである漫画をご紹介したいとおもいます。

では、さっそく行ってみましょう!

渡辺明名人のあだ名「魔太郎」の元ネタは?

結論からいきましょう。

渡辺明名人のあだ名「魔太郎」の元ネタ漫画は、

魔太郎がくる!!」です。

魔太郎がくる!!

どうですか?渡辺明名人に似てますかね。

本人も認めているので、やっぱり似てますかね。

あなたは、この「魔太郎がくる!!」という漫画読んだことありますか?

簡単な基本情報から、さらにこの漫画かなりいわくつきの作品ですのでそのあたりも解説したいとおもいます。

「魔太郎がくる!!」ってどんな漫画なの?

作者は、藤子不二雄A先生です。

当時は、藤子不二雄名義でした。

1987年にコンビを解消して、我孫子先生が描いていた作品は藤子不二雄A名義に変更されました。

少年誌「週刊少年チャンピオン」で1972〜1975年に連載されていました。

初出のチャンピオンコミックスは全13巻でした。

「魔太郎がくる!!」のストーリーは?

主人公の浦見魔太郎(うらみまたろう)はひ弱で大人しい中学生。

その見た目と性格から、いじめっ子の標的にされてしまいます。

しかし彼は魔王とサタンと契約しており、「こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か」という決め台詞とともにいじめっ子にうらみ念法で復讐を行うストーリーです。

藤子不二雄の両先生も子供の頃にいじめにあっていて、いじめられっ子が活躍できる漫画があれば痛快だろうとおもい描いた作品です。

「魔太郎がくる!!」のオリジナル連載はもう読めない?

いじめっ子がいじめられっ子をやっつけるというストーリーはとても痛快なのですが、この魔太郎の復讐がかなり過激なんです。

具体的にはこのブログでは書けません。ご察し下さい。

「魔太郎がくる!!」は今でも新装版や、電子書籍版で読める名作漫画です。

ですが初出のオリジナルチャンピオン版でしか読むことができない話が25話あります。そもそも雑誌掲載の単行本未収録作品もいくつかありますので、完全に読むには至難の業になります。

さらに今読める「魔太郎がくる!!」は同じ話でもかなり描き直されて収録されています。簡単に言うと過激な描写がマイルドになっています。

なのでオリジナルを読むには、古本で手に入れるしかありませんが全巻揃いだとかなり高額になっています。

もし安く見つけたらゲットして読み比べるのも楽しいですよ。

渡辺明名人の漫画も最高に面白い!

将棋の渡辺くん

渡辺明名人の日常を描いた実録漫画「将棋の渡辺くん」です。

3月のライオンでもそうですが、やはり天才棋士の日常もかなり変わっているんですよね。

可愛い絵柄で『別冊少年マガジン』にて2013年より連載中です。

作者は伊奈めぐみさんで、実際に渡辺名人の奥様です!

2020年10月現在5巻まで既刊されています。

ぜひ機会があったら読んでみて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました
失業を機に節約とブログで生活しています!
ブログ生活の始め方に興味のあるあなたへ→「【副業】ブログの始め方。正直儲かるの?私、初心者ブロガーはじめました。
お得な情報を知りたいあなたへ→「【楽天経済圏】とは何?楽天サービスをとことん利用でポイント大量ゲットで大幅節約に成功!」」

人気オススメ記事5選

【車検】予約なら『楽天Car車検』が超絶おすすめ!2020年最新口コミ情報でポイント大量ゲット

2019年【おすすめ】の本当に面白い【ラジオ番組】教えます!73番組紹介中【随時更新中】

【無料漫画アプリ人気7選】病院の待ち時間が長い!空き時間や暇つぶしに最適で今すぐ読めちゃう

【鬼滅の刃】鬼舞辻のモデルは『マイケル・ジャクソン』さらにその元ネタって何だか知ってる?

【新世紀エヴァンゲリオン】の【ジェリコの壁】ってなんだろう?元ネタは古典的名作映画から?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です