【感想】漫画『凪のお暇』自分を変えたい人必読!空気読むのやめました 【試し読み】【ネタバレあり】




子供の頃から漫画好きのポーです(@byebyeamarylls
 
話題になっている、「凪のお暇(なぎのおいとま)」という漫画を読みました。
2019年マンガ大賞のノミネート作品でもあります。
 
とてもおもしろかったので、感想を書いてみたいとおもいます。
 

冒頭からうなる展開

 
始まりの1コマ目
 
主人公のOL、大島凪(おおしまなぎ)28歳が朝の準備の為、髪をスタイリングしています。
 
この1コマ目が後にとても重要なコマとなっていきます。
 
そして水筒にお茶を入れ、お弁当を詰めて、
なにやら自宅で手軽な野菜も栽培しているようです。
 
コンセントはスイッチ付きの配線タップにささっていて、
それらをOFFにして、ドアがパタンと閉まって会社へ出社。
 
冒頭2ページ12コマ、読む時間にして数 秒たらずのこのコマ達で、
彼女の性格や今の生活環境などを説明しています。
 
そして、読み直すと1コマ目が伏線となっていることがわかり、
この漫画なかなかすごいな!とおもわせてくれます。
 

絵柄もかわいいのでとっつきやすい

絵柄は70年代~80年代ぐらいの少女マンガ風を現代に取り入れていて、
 
最近の流行である古ぽいけど新しいという感じの絵なのですが、
 
この作者コナリミサトさんの独特の絵柄がミックスされていてかなり好きな絵です。
 

空気よんでこ!な主人公

出社後、消極的で言いたいことがうまく言えない性格の凪は、
上司にはいわれのないことで怒鳴られ、
同僚たちからは仕事を押し付けられて便利に利用されています。
 
ランチに誘われれば(お弁当持ってるのに断れない)
会話中に「だからだめなんだよー」とさらに説教されてしまいます。
 
そんなときの彼女の心の声は決まって「空気よんでこ!」という言葉で、
自己主張や争いを避けて生きています。
 
しかし、そんな彼女にも会社の人達には言えない、
たった1枚人に自慢できるカードを持っているのです!!!
 
おーっ!凪ちゃん、大人しそうに見えてやるなー!と読者はおもいます。
 
なるほどそういう漫画ね~。
 
会社の人には内緒だけど、それがバレないようにして成就するまでのドタバタ系で、
それなら可哀想な凪もいやな同僚も、読者にとってはそんなに悲観することはないし。
 
こりゃなかなかギャグマンガとして面白い展開だなとおもいました。
 
しかしそんな甘い漫画ではありませんでした。
 
凪の心の支え、「たった一枚のカード 」が何かはぜひご自身で読んで確かめて下さいね。
 
そして、その後の展開は・・・ 凪はこれからの人生をどう選択するのか
読み始めたら続きが気になることうけあいですよ!
 
こんな方におすすめ
特に、友達彼氏彼女学校・会社人間関係悩みSNS・ネット・スマホ疲れ
自分のことがうまく表現できない言いたい事が他人に伝えられない、
など誰にでも少なからず似たような悩みがありますよね。
そんな方にぜひ読んで見て欲しい漫画です。
 
今の自分を少しでも変えたい一歩を踏み出したいと願う
凪の奮闘を一緒に体験してみませんか?
もしかしたら、あなたも、私も少しなら変われるかも???
 
いやきっと変われるさ!
 
 
 
↓↓↓ここからははネタバレありですので、ネタバレやだなーという方は読後に読んで見て下さいね↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。