【花まつり】とは何するの?なぜ甘茶をかける?正式には灌仏会で4月8日に行う仏教行事ですよ【年中行事】




たくさんのサイトからのご訪問ありがとうございます!

はじめまして
当サイト(ばいばいアマリリス)管理人の一ノ瀬ポーです。
@byebyeamaryllis

みなさんは「花まつり」って聞いたことありますか?名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれまん。しかし花まつりがそもそも何の行事かをちゃんと説明できる人は少ないかもしれません。

今回は花まつりについての基本情報をご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

「花まつり」の正式名称は何だろう?

 

花まつりの正式な行事名は「灌仏会」と言います。難しい漢字で読みにくいですが「かんぶつえ」と読みます。

どうして灌仏会という堅苦しい名称が、かわいい花まつりと呼ばれるようになったかは、のちほど説明しますね。

「花まつり」って何をする行事なの?

 

一番大事なことは「花まつり」が何をする行事かということですよね。

ズバリ花まつりは仏教の開祖である「釈迦」の誕生を祝う行事です!そうお釈迦様のお誕生日会なんですよ。

じゃあキリストの誕生日を祝うクリスマスと似たようなもんだね~とおもわれた方もいるとおもうのですが、ちょっと惜しいです。

勘違いされている人が多いのですが、クリスマスはキリストの降誕祭、あくまで生まれてきた事を祝う行事であってキリストの誕生日を祝う日ではありません。

まあこの釈迦の誕生日も出典が明確にあるわけではなく、所説も多数ありますのであくまで一つの説としてとらえるといいでしょう。

 

花まつりの日にちって何月何日なの?

 

日本では毎年4月8日に行われています。これは先ほども記したように釈迦の誕生日が4月8日と伝承されているからです。

しかし釈迦の誕生の伝承は中国暦(旧暦)の4月8日なので、明治6年からグレゴリオ暦(新暦)を採用している現行の日本では日時がずれてしまいます。実際は1か月ほど後の、今の日本の5月ぐらいに誕生したということになります。

しかしその暦が旧暦から新暦に変わることによって、日本では釈迦の誕生日を親しみやすい「花まつり」と呼ばれるようになりました。

どういうことでしょうか?

 

釈迦の誕生祭なのになんで花まつりっていうの?

 

江戸時代まで採用されていた暦(旧暦)が明治6年から改暦されます。これにより江戸時代までの日本の行事は日時や季節のずれが生じてしまいました。

例えば江戸時代の7月7日の七夕は、今の8月頃に行われていたのです。灌仏会も江戸時代の4月8日は今の5月頃だったのです。とてもややこしいですね。

そして時期がずれてしまった灌仏会でしたが、新暦での4月8日頃というとちょうど何かの見ごろと重なりませんかね?そう、みなさん大好きなお花見。地域やその年にもよりますが、ちょうど桜の満開の季節ですね!

1916年(大正5年)日比谷公園で浄土真宗の僧侶らが釈迦の誕生日法要を開催し、桜の咲く季節と重ねて「花まつり」と称したのがはじまりと言われています。法要をした僧侶が名付けたのか、発起人の政治家・文化人の誰かが名付けたのかは不明なままです。

しかし「花まつり」ってなんだか和やかでいいネーミングですよね。

今では仏教の多くの宗派の寺院などで、灌仏会を花まつりと親しみを込めた名称で開催されています。

 

花まつりでは何をするの?

 

花まつりといえば、花御堂に安置された釈迦の生誕仏像に柄杓で甘茶をかけて祝うことで有名です。

生誕仏像は釈迦誕生の有名な逸話が元になっている形をしています。釈迦は母親の摩耶夫人の右脇から生まれ、そのまま7歩あるき、右手を上に、左手を下に向け「天上天下唯我独尊」と発したと言われています。

すご~い!脇から生まれたの!?生まれた瞬間に歩いて、しかも言葉を発したの!?など驚く箇所が多いですが、そのときの形をしていることを思い出してこの生誕仏像をぜひ見て下さいね。

 

なんで甘茶をかけるの?そもそも甘茶って何?

 

ではなぜその釈迦の生誕仏像に甘茶をかけるんでしょうか?

これは釈迦が生まれたさいに、9つの竜(八大竜王説もあり)が祝福として天から甘露の雨を注ぎそれを産湯にしたという伝説を模して甘茶をかけています。

でその甘茶なのですが、普段はほとんど飲む機会はありませんよね。日本茶などのような正式なチャノキの茶葉ではなく、ハーブティーのようなものです。

アマチャはアジサイの仲間です。花もガクアジサイによく似ています。若葉を摘み取って天日干しし乾燥させつくります。(微量ですが毒性があるといわれていますので、個人では作らないようにしましょう)

味は、読んで字のごとし甘くて美味しいです。花まつりでは、釈迦仏にかけるだけでなく甘茶を振る舞うところも多いのでぜひ飲んでみて下さいね。

また灌仏会の甘茶を墨に混ぜると字がうまくなる、虫よけになるなどとも言われています。

どうだったでしょうか?知らないことも多い花まつりですが、意味がわかると参加してもとても楽しいとおもいます。

季節的にもお出かけ日和ですので、ぜひ今年は「花まつり」にお寺を訪れてみて下さい。そして日本における宗教で一番親しまれている仏教の開祖であるお釈迦様のことを少しでも考えてみて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました
失業を機に節約とブログで生活しています!
ブログ生活の始め方に興味のあるあなたへ→「【副業】ブログの始め方。正直儲かるの?私、初心者ブロガーはじめました。
お得な情報を知りたいあなたへ→「【楽天経済圏】とは何?楽天サービスをとことん利用でポイント大量ゲットで大幅節約に成功!

人気オススメ記事5選

【車検】予約なら『楽天Car車検』が超絶おすすめ!2020年最新口コミ情報でポイント大量ゲット

2019年【おすすめ】の本当に面白い【ラジオ番組】教えます!73番組紹介中【随時更新中】

【無料漫画アプリ人気7選】病院の待ち時間が長い!空き時間や暇つぶしに最適で今すぐ読めちゃう

【鬼滅の刃】鬼舞辻のモデルは『マイケル・ジャクソン』さらにその元ネタって何だか知ってる?

【新世紀エヴァンゲリオン】の【ジェリコの壁】ってなんだろう?元ネタは古典的名作映画から?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元古本屋店員。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。