【WordPress】5.5にアップデートでClassic Editorも使えない。元に戻す解決方法はこれ!




たくさんのサイトからのご訪問ありがとうございます!

はじめまして
当サイト(ばいばいアマリリス)管理人の一ノ瀬ポーです。
@byebyeamaryllis

2020年8月wordpressの最新版5.5がリリースされました。その名はEckstine(エクスタイン)。古いジャズシンガーのBilly Eckstine(ビリー・エクスタイン)から名付けられています。

なかなか通なことしてくれるじゃないのとジャズファンの私は、ウキウキとバカ顔しながら早速アップデートしました。

そうしたらclassic editorが使えなくなってしまいました!お〜い、そりゃないぜ。

classic editorとは
2018年12月にwordpressのアップデート5.0から正式採用された新エディタ「Gutenberg」を旧エディタで記事編集できるプラグインです。

簡単に言うと、「新しいのがよくわかんないなら、元に戻してあげるよ」機能です。

wordpress5.5にアップデートで困った!

私のプログテーマはSTORKを使用しています。STORK19 という最新バーションがリリースされていますが、私のは旧ストークになります。

主な不具合はclassic editor投稿画面で

ビジュアル画面からテキスト画面に切り替わらない。

・プラグインのAddQuictagが表示されない

えーと、この二つが使えないって記事制作にとって致命的なんですけど・・・。今まではアップデートしてもまだclassic editor使えるもんね〜と気軽に考えていました。あぁ、やばい。

とりあえずclassic editor停止して、新しい投稿画面5.5で記事を制作しようとしたのですが、なんだかよくわからない。

もしかしたらうまく使えばAddQuictagなんてなくてもサクサク書けちゃうかな〜なんて甘い期待は崩れ去りました。

本当はちゃんと新しいブロック機能の記事制作を勉強すればいいだけの話なんですけど、やっぱり慣れている編集画面がいいですよね。

wordpress5.5にアップデートで試行錯誤!

そこでやっぱりclassic editorに戻して今度は

キャッシュクリア

・使っているテーマアップデート

プラグインの更新、さらにプラグインを1つ1つ停止してプラグインの干渉によって不具合を起こしてないか試してみました

これで治ったという人もチラホラいますので、まずはこれらを試すのがいいとおもいます。

心配な人は実行する前にバックアップしてね。面倒臭くてしない私の真似はしないように。

で、すべて試したけどやっぱりだめでした。

wordpress5.5にアップデートを元に戻すプラグイン導入!

こうなったら最後の手段。基本的にはセキュリティなど最新版が一番なのであまりやりたくなかったし、おすすめはしませんがwordpressをダウングレードしちゃいましょう。

そんなことできるの?できます。プラグインでね。

使うプラグインは「wp downgrade specific core version」です!

管理画面からプラグイン→新規追加から「wp downgrade specific core version」と検索入力して下さいね。見つかればいつもの通り、「今すぐインストール」からの「有効化」にしましょう。

私の場合は検索画面不具合が起きていて検索できない状態だったので、ここからファイルをダウンロードして、管理画面のプラグインのアップロードからインストールしました。

「wp downgrade specific core version」の設定は簡単

wordpress 5.5 ダウングレード

「wp downgrade specific core version」の設定はいたって簡単です。

WordPress Target Version:に5.4と入力して変更を保存。

さらにupdowngradecoreをクリックすると自動的にwordpress更新画面に切り替わりますので、再インストールをクリックしましょう。

これで無事に5.5から5.4にダウングレードできたとおもいます。

さてさて、classic editorの投稿画面を見ると、テキスト画面切り替わるAddQuictagも使える

ということでなんとか治りました。しかしそれがダウングレードでということはやっぱりひっかかるものがありますね。

5.5はSEO・速度・セキュリティがかなり向上しているようです。

classic editorはwordpress公式のプラグインで2022年までは使えると謳っている以上、テキスト画面に切り替えられないなんて致命的な不具合はちょっとね。

しかし裏を返せば2022年までにはこの新しい投稿画面を攻略しないとってことですが。(延長する可能性はあり)

5・5で困っている方はかなりいるとおもうので、また修正版が出るとおもいますが、あまりプログラムに詳しくない人などはtwitter等で情報を得てから導入するのもがいいとおもいます。

またグレードダウンしたことで、今度はプラグインの最新版が不具合を起こすこともありそうです。私の場合「TynyMCE Advanced」から警告が来ました。

その場合はTynyMCE Advancedの古いバージョンをダウンロードしてインストールし直せばOKです。設定はやり直しです。

ではまだまだ混乱中ですが、困っている方は最後の砦としてダウングレードもありだとおもいます。

またダウングレードに伴い不具合が出ても当サイトでは補償できませんので自己責任でお願いしますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました
失業を機に節約とブログで生活しています!
ブログ生活の始め方に興味のあるあなたへ→「【副業】ブログの始め方。正直儲かるの?私、初心者ブロガーはじめました。
お得な情報を知りたいあなたへ→「【楽天経済圏】とは何?楽天サービスをとことん利用でポイント大量ゲットで大幅節約に成功!

人気オススメ記事5選

【車検】予約なら『楽天Car車検』が超絶おすすめ!2020年最新口コミ情報でポイント大量ゲット

2019年【おすすめ】の本当に面白い【ラジオ番組】教えます!73番組紹介中【随時更新中】

【無料漫画アプリ人気7選】病院の待ち時間が長い!空き時間や暇つぶしに最適で今すぐ読めちゃう

【鬼滅の刃】鬼舞辻のモデルは『マイケル・ジャクソン』さらにその元ネタって何だか知ってる?

【新世紀エヴァンゲリオン】の【ジェリコの壁】ってなんだろう?元ネタは古典的名作映画から?



2 件のコメント

  • はじめまして。

    ちょうど私も同じ症状、状況で参考になりました。
    (旧ストーク 使用、クラシックエディタのボタンが押しても効かない・クラシックエディタのプラグイン無効にしたら真っ白な画面に・・)

    ひとつ質問ですが、
    >使っているテーマのアップデート

    こちらは新しいストーク の方にアップデートしたと言うことでしょうか?

    • わちろぐ様

      はじめまして。

      ブログにご訪問頂き誠にありがとうございます!
      急いで書いた記事で画像もなくわかりづらかったとおもいますが、少しでも参考になったならば幸いです。

      テーマのアップデートは、旧ストークのアップデートです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です