【村上RADIO】でも話題の映画【ボクの彼女は地球人】はどんな映画?

たくさんのサイトからのご訪問ありがとうございます!

はじめまして
当サイト(ばいばいアマリリス)管理人で映画好きの一ノ瀬ポーです。
@byebyeamaryllis
2018年8月5日に小説家の村上春樹さんが、初ラジオDJに挑戦した「村上RADIO」が放送されました。村上春樹さんのマニアックな選曲とユーモアあふれる話に、ファンの方もそうでない方にも聞き応えがありましたね。
そんな選曲の中で、私が一番気になったのが、ホール&オーツ「ラブ・トレイン」。1973年オージェイズの全米NO1ヒットソングのカバーです。
それで、この曲が聞けるのが「ボクの彼女は地球人」という知る人ぞ知る映画のサントラのみという、なんともマニアックな選曲でした。
このサントラには他にも、デペッシュ・モードジーザス&メリーチェイン、ポリスのドラムのスチュワート・コープランドなども参加していてなかなか豪華です。
村上さんは、映画自体は見たことがないし、きっとくだらない映画だろうと言っていましたが、どんな映画なのか気になりませんか?
<strong>おすすめアプリ</strong>
オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ
posted withアプリーチ

スキマ時間に読まずに聴けるオーディオブック

・通勤・通学・在宅ワーク・家事 ながら聴きで効率アップ

聴き放題プラン1ヶ月無料体験あり

※体験後は月額料金が発生します。継続しない場合は解約して下さい。

監督はジュリアン・テンプル

ジュリアン・テンプルは、1986年デヴィッド・ボウイやシャーデーも出演した映画「ビギナーズ」が一番有名な作品だとおもいます。
冒頭の長回し(カットが一回も切れない)なんかもなかなか頑張っていた映画です。
しかしこの人の功績は、ミュージックビデオの監督としてのほうが映画よりもはるかに高いです。
カルチャー・クラブ、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ、デペッシュ・モード、デュランデュラン、スウィング・アウト ・シスターなどの80年代に人気だったミュージシャン。
さらには、ザ・ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニー、ニール・ヤングなどの大御所から、ホイットニー・ヒューストン、ジャネット・ジャクソン、上記したデヴィッド・ボウイやシャーデーのミュージックビデオも撮っています。
とにかくすごいメンツ!
なので、映画もとてもポップな色使いで、急にミュージカルのように歌いだしたりといった演出が入っています。

ボクの彼女は地球人 出演陣も結構豪華

これも村上春樹さんが言っていましたが、B級作品のようで出演者は意外と豪華です。
宇宙人役には、「ザ・フライ」「ジュラシック・パーク」シリーズなど主演映画多数のジェフ・ゴールドブラム
そして新人の頃のジム・キャリー!も宇宙人役として出演しています。宇宙人と恋に落ちる女性に「テルマ&ルイーズ」「プリティ・リーグ」などのジーナ・デイビス
ちなみにジェフ・ゴールドブラムとジーナ・デイビスは「ザ・フライ」で共演し、結婚しこの作品の頃はまだ夫婦でしたが、その後離婚しました。あらら。
毛むくじゃらの宇宙人たちを、人間に見えるよう仕立てあげる美容師役で、ジュリー・ブラウンが出演しています。このジュリー・ブラウンはほとんどの人が知らないでしょう(笑)マドンナのパロディをやったりと、コメディアンのような歌手です。
女優としても、クリント・イーストウッドとオラウータンが活躍する「ダーティファイター」の続編「ダーティファイター燃えよ鉄拳」「ポリス・アカデミー2全員集合」に出演しています。この人パート2女優なんでしょうか?(笑)
見た目のケバケバしさと怪しさは、ジョン・ウォータズの作品に登場しそうといえば、わかる人にはわかるかもしれません。
ちなみに村上春樹さんは、ジョン・ウォーターズの最低悪趣味映画「ピンクフラミンゴ」は見ていて、あのどうしょうもなく気分の悪くなるラストのディヴァインの映像について、エッセイで触れていました。
ピンクフラミンゴ」良い子は絶対に見ないほうがいい映画です(笑)ご注意下さい。

村上春樹も気になるタイトル

日本語タイトルは「ボクの彼女は地球人/BRAND NEW GIRL」(新しい女)という副題がついているのですが、これはこの映画に提供したジュリー・ブラウンのタイトル曲から引用してますね。
日本語タイトルは「ボクの彼女は地球人」ですが、村上春樹も気になる原題「EARTH GIRLS ARE EASY」「地球の女は簡単にできる」という意味なのですが、まあたしかにわりと簡単にできてしまうのですが(笑)、お互いのことを真剣に考えだしたりと、割と宇宙人もまじめです。
「愛していれば星の差なんて」という言葉がこの映画のコピーなのですが割と楽しい映画です。
名作とはもちろん言いがたいですが、80年代らしいドタバタハートフルコメディで、最近80年代が脚光を浴びていることもあり、デザイン・服装・文化的にも今風に表現すればダサカッコイイかもしれません。
ジーナ・デイビスのハイレグ・トップスケスケ水着と、当時のいけてるディスコのシーンもありますよ!
そして、村上春樹さんの「村上RADIO」第2弾・第3弾が決定しました!
第2弾は10月21日(日)放送、第3弾は日時はまだ未定です。
TOKYOFM/JFN38局ネット 19:00〜19:55
最後まで読んでいただきありがとうございました
失業を機に節約とブログで生活しています!
ブログ生活の始め方に興味のあるあなたへ→「【副業】ブログの始め方。正直儲かるの?私、初心者ブロガーはじめました。
お得な情報を知りたいあなたへ→「【楽天経済圏】とは何?楽天サービスをとことん利用でポイント大量ゲットで大幅節約に成功!

人気オススメ記事5選

【車検】予約なら『楽天Car車検』が超絶おすすめ!2020年最新口コミ情報でポイント大量ゲット

2019年【おすすめ】の本当に面白い【ラジオ番組】教えます!73番組紹介中【随時更新中】

【無料漫画アプリ人気7選】病院の待ち時間が長い!空き時間や暇つぶしに最適で今すぐ読めちゃう

【鬼滅の刃】鬼舞辻のモデルは『マイケル・ジャクソン』さらにその元ネタって何だか知ってる?

【新世紀エヴァンゲリオン】の【ジェリコの壁】ってなんだろう?元ネタは古典的名作映画から?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元古本屋店員。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。