【星由里子】さんは【東宝特撮SF怪獣ゴジラ映画】マニアにも大人気! 若大将の澄ちゃんだけじゃない 




特撮好きのポーです(@byebyeamaryllis)

2018年5月18日 女優の星由里子さんがお亡くなりになったというショックなニュースが入ってきました。

星さんといえば、代表作で一番に思い出されるのが加山雄三主演の「若大将シリーズ」のヒロイン役・中里澄子こと澄ちゃん役でしょう。

しかし特撮SF怪獣映画マニアにもとても印象深い女優さんです。東宝の傑作特撮映画4本に出演されています。

世界大戦争

1961年東宝

核で武装する2大陣営による世界最終戦争が近づくなか、それに巻き込まれる市民を描いたヒューマン特撮ドラマ。

当時18歳の星由里子さんはフランキー堺演じる茂吉の娘役で出演しています。恋人役は宝田明で初共演。プレイボーイとして有名な宝田さんには優しくされたけど、何もちょっかいは出されなかったようです。よかったです(笑)

またこの年には若大将シリーズ第一作「大学の若大将」にも出演しており、星由里子さんにとって分岐点とも言える年になります。

また特撮監督は円谷英二で、ウルトラセブンや海底軍艦などに流用されるほど素晴らしい特撮撮影として有名です。

近年の世界情勢を予見したような内容で、今見ても戦争とは人間とはと考えさせられる作品です。東宝特撮としては少しマイナーな作品ですがこの機会にぜひ見てほしい一本。

モスラ対ゴジラ

1964年東宝。
 
「モスラ」の続編。星由里子さんは新聞記者の役で出演しています。上司は宝田明。
 
モスラの卵をめぐるり人間の欲が渦巻く。お金、自然破壊、核。娯楽作ですが、いろいろな問題提起も入っていて今見ても楽しめます。
 
名古屋を舞台にしているので、名古屋城、名古屋テレビ塔が壊される特撮にも注目して下さい。
 
星さん役の新聞記者は服装がとってもおしゃれでかわいい!持っているカメラもかっこいい!今では当たり前のことですが、仕事でバリバリ活躍する女性を描きだしたのは60年代になってからです。この役はその代表の一人として見ることもできます。
 
ぜひキュートな星さんの姿を見て下さい。
 

三大怪獣 地球最大の決戦

1964年東宝。
 
モスラ対ゴジラと同年64年公開。同じ年に二本のゴジラ映画が撮られた唯一の年が64年です!
夢のような64年!!!
 
モスラ対ゴジラまでのゴジラは、今では知らない方もいるかもしれませんが悪役でした。しかしここではシリーズ一番の悪役キングギドラが登場し、ゴジラは悪者をやっつけるヒーローへと変化していきます。
 
この映画でも最初はモスラに敵対しているのですが、モスラの頑張りに心を打たれて加担します。もう少年ジャンプの友情の世界です。
 
星由里子さんは、夏木陽介さん演じる刑事の妹役で、また記者の役ですが今回はラジオ記者です。
 
この映画「ローマの休日」を下敷きにしていますので、その点を意識しながら見るとまた興味がわきますよ。
 

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

2000年東宝。
 
70年代以降はテレビの世界での活躍が目立った星由里子さんですが、久しぶりに特撮の世界に帰ってきてくれました。
 
役どころは、科学者の役です。星さんいわく、記者から科学者へとずいぶんえらくなりました(笑)とのことです。セリフは科学用語ばかりで何をしゃべっているのかよくわからなかったそうです(笑)さすが大女優!
 
この映画に出てくるゴジラは54年公開の初代ゴジラが生きていたという設定です。
 
残念ながら、もう星由里子さんの新作を見ることは叶わなくなってしまいました。
 
しかし名作にたくさん出演されていますので、これらを見続けることでこれからもたくさんの人の心に残り続ける女優さんだとおもいます。今までありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。