【11ぴきのねこ】郵便局でランチグッズに一目惚れ かわいすぎる!




先日郵便局に用事で行ったのですが、年末ということもあり窓口は大混雑していました。
 
待っている間、いつもは素通りする物販のコーナーをなにげなく見てると、
 
おぉ!「11ぴきのねこ」のグッズコーナーがあるではありませんか!?
 
年末でお金もないのにな~と商品に手を伸ばす私。あーかわいいぃぃぃぃ!ほしい!
 
というわけで郵便局で購入できる「11ぴきのねこ」グッズについて調べてみました。
 
 

11ぴきのねこランチグッズ

 
2018年10月15日より販売開始されています。
ただいま郵便局で購入できる「11ぴきのねこ」グッズは、

・ランチトート 1200円
・ランチボックス3個セット 1200円
・箸&箸箱 900円
・はんぶん丈てぬぐい ころっけ柄 600円

となっています。
 
うちの近くの郵便局もこの4点すべて販売していました。
 
弁当箱や箸は自宅に余る程あるので、買っても使わなそうですし、ランチトートも何個かありますし。
 
ということで、お値段も若干お安い、はんぶん丈てぬぐいを購入してみました!
(結局買うのか!)
 
 
サイズは、約55×34cmです。布触りもなかなかいい感じです。
 
私は、おにぎりをよく仕事場に持っていくので、おにぎり包みにしたいとおもいます。
 
そしてデザインは11ぴきのねこたちが「ころっけ」を思い思いに食べている絵柄です。
はぁーかわいい。
 
 
子供の頃すごい好きな絵本シリーズだったのでテンションが上がります。
 
 

郵便局以外でどこで買えるの?

ヴィレッジヴァンガード ルミネ立川店、ルミネ横浜店、ルミネ町田店、ルミネ川越店、高円寺店、三軒茶屋店、三宮店、下北沢店でも買えるようですが、売り切れなどもあるとおもいますので
各店舗にてご確認下さい。
 
すでに郵便局での販売は終了してしまったようです。
 
しかし通販ですと、絵本ナビで購入可能です。
 
というかさらにたくさんの11ぴきのねこグッズが売っている!!!
 
見てはいけないものを見てしまった。お金がいくらあっても足りない・・・

 

どうですが?見ました?もうかわいい過ぎますよね!

 

「11ぴきのねことあほうどり」

 
ころっけといえば、11ぴきのねこシリーズ第2作目の「11ぴきのねことあほうどり」
 
11ぴきのねこたちがころっけ屋を開業する話です。
 
これも好きだったな~。
 
 
結局これも買いました〜!
 
 

11ぴきのねこシリーズって何冊あるの?

ここで少しこの「11ぴきのねこ」シリーズについて紹介します。
 
1.「11ぴきのねこ」(1967年)
2.「11ぴきのねことあほうどり」(1972年)
3.「11ぴきのねことぶた」(1976年)
4.「11ぴきのねこ ふくろのなか」(1982年)
5.「11ぴきのねことへんなねこ」(1989年)
6.「11ぴきのねこ マラソン大会」(1992年、絵巻えほん)
7.「11ぴきのねこ どろんこ」(1996年)
 
 
いままで6冊の絵本と絵巻絵本が1冊出ています。今回調べて驚いたのは第1作目って60年代なんですね~。
あの時代にこのポップさと普遍的な絵柄を描いていたとは本当にすごい!
 
アニメ映画化も2回されていますが、DVD化などはされていないようです。
 
2本まとめてDVD化希望します!
 
 
 

11ぴきのねこの作者って誰?

漫画家で絵本作家の馬場のぼるさんです。
 
1927年青森県出身の馬場のぼるさんは最初は漫画家としてデビューしました。
 
当時は「漫画の神様」手塚治虫、「イガグリくん」の横井英一とともに児童漫画界の三羽ガラスと呼ばれていました。
 
その後、活劇の多くなった漫画界に自身の作品が合わなくなったとおもい、絵本作家を目指すようになります。
 
同じく漫画家から絵本作家に転身した代表的な作家は、「アンパンマン」のやなせたかし長新太などがおり、この3人も含めた「漫画家の絵本の会」を結成しました。
 

子供に読ませたい絵本!

 
私には1歳になる子供がいるのですが、自分が好きだった絵本を、自分の子供に読ませるってなんだか不思議な感覚です。
 
好きになってくれると嬉しいのだけれども、どうなりますか。
 
さらに月額1280円で、年齢に合わせた絵本を届けてくれるサービスも、
「こんな絵本あったんだ!」とおもわせてくれておすすめです。
 
絵本ってやっぱり、親の好みのものばかりになりやすいんですよね。

意外に親が首をかしげる絵本のほうが、子供は食いつきます(笑)
では最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。