【ブログ】『WordPress バージョン 5.0–ja』を元に戻す方法!更新・バージョンアップ・アップデートで使いづらい方必見! 




ご訪問ありがとうございます。ポーです。
wordpressの更新で困惑している方が続出しているようなので、元に戻す方法を記事にしました。
※2018年12月の情報ですので、時間が経過している場合は最新の情報を検索して下さい。

ワードプレスのアップデートが使いづらい!

2018年12月になにげなく、wordpressのバージョンをアップデートしました。

ん? 投稿画面がかなり変更されています。

なんだ、なんだと見よう見まねで操作して慣れようとしましたが、すごく使いづらい!

かなり直感的な操作方法になり、これはまずは勉強が必要ですね。しかし早く投稿したい記事があるので勉強してる暇はない!!!

えーい、もう元に戻すしかない!えっ?元に戻せるの?

はい、すぐに戻せますよ。

プラグインで一発で解決!

wordpressの良いところは、困ったらプラグを入れれば解決することがほとんどということです。

そのプラグは「Classic Editor」です!

プラグインのやり方はほとんどの方はわかるとおもいますが、

プラグインをクリックしてプラグイン新規追加ボタンを押して、

プラグイン検索欄Classic Editorと入れて検索

このマークが「Classic Editor」です。確認しましたら、

「今すぐインストールボタン」を押して、そのまま「有効化」して下さい。

元のエディタに戻った!

有効化出来ましたら、投稿画面をもう一度見て下さい。

元に戻っていたら、成功です!

おめでとうございます。

ちなみに、すでに新しいエディタ画面で頑張って記事を投稿された方は、その記事のみClassic Editorを入れても戻りませんのでご注意下さい。

どうしてもと言う場合は、記事を書き直しましょう(苦笑)

これからどうなるwordpress?

バージョン5.0-ja、新しいエディタ名は「Gutenberg」というそうです。

wordpressはこちらを推奨していますので、そのうちこれを使いこなすしか道はありません。

しかし、今回はいきなり仕様がガラリと変わってしまったので困惑した方が多かったようです。

ですので、これから使いやすくさらにバージョンアップされていくとおもいます。

慣れればさらに投稿が楽になりそうな感じではありますのでみなさん頑張りましょう。。。

でも私のように、とにかく早急に記事を上げたいという方には、

とりあえず「Classic Editor」で前のバージョンに切り替えて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

4 件のコメント

  • 新しいバージョンに全然慣れなくて、書きずらくて本当に困っていました。
    早速、Classic Editorをインストールしたら、元に戻りました!!
    せっかくのバージョンアップも見ずらい、使いずらいでは話に貼りませんよね。
    おかげで助かりました。ありがとうございました。

    • takochi様 
      コメント誠にありがとうございます。元に戻ったようで良かったです。
      さすがにここまでの仕様変更には驚きましたね。
      いづれ新しいバージョンにも少しづつ慣れていくしかなさそうですので、お互い頑張りましょう!

  • どうして画面が変わったのかも分からずに困っていました。
    ご紹介の「Classic Editor」をインストールしたら、数秒で戻りました。
    本当に、ありがとうございましたm(__)m

    • 谷田貝様
      コメント誠にありがとうございます。お役に立てたようで何よりです。「Classic Editor」はwordpress公式のプラグなので安心してお使い下さい。
      しかしwordpress側はこのエディタを推し進めるようですので、少しづつ慣れていくしかなさそうです。お互い頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    現役古本屋店員です。40代中年。映画・漫画・アニメ・歌舞伎・落語・小説・音楽全般などが好きです。国内・国際政治や出来事を勉強しつつ、それに関連するものを紹介できたらと思っています。宅建資格挑戦中。最近父になりました。